夢のあるウェブ動画制作の理想と現実

>

Web動画の展望を考える!

Web動画だけで食べていくには

かつて、Web動画制作は「虚業」だと言われていた時代がありました。
リアルな世界でこつこつ働くことが労働というものであり、Webという顔の見えない、地に足がついていない世界でお金を得るのは職業にはなり得ないと言われてきたのです。
しかし、ここ数年はますますネットの需要が高まっており、Web動画の配信だけで生計を立てる職業が成り立つ時代になってきました。
結論から言うと、Web動画の制作だけで食べていくのは、現時点ではきわめて厳しいのが実情です。
世界的に名の売れているユーチューバーでさえ、動画を日々大量に配信することで収入を確保しているのが現状であり、決して安定した職業ではないのがわかります。
しかし、ゼロからコンテンツを作り出せるWeb動画制作は夢のある仕事であり、個人でも一夜にして億万長者になれる可能性を秘めています。

お年寄りに伝えたいWeb動画ドリーム

Web動画によってお金を得る仕組みは若年層には当たり前に受け入れられていますが、ある一定以上の年齢の方にとってはやはりその流れがわかりにくく、血の通っていない職業であるように思えるのかもしれません。
しかし、Web動画制作の原点はもの作りであり、「人の心を動かしたい!」というクリエイターの思いは昔と何ら変わらないのです。
ネットというものがまだなかった時代、小説家や漫画家、演出家が鉛筆をなめながら、頭をかきむしりながら必死にアイディアをひねり出したのは、少しでも多くの人に自分のメッセージを届けたい、理解してもらいたいと願ったからです。
そして、その熱意は時代を超えて引き継がれ、Web動画クリエイターたちは、今この瞬間にもPCの画面を見つめながら次世代に残すべき動画のアイディアをひねり出しているのです。


この記事をシェアする