web動画制作にかかる料金相場

夢のあるウェブ動画制作の理想と現実

Web動画制作の裏側にせまる!

ネット上に流れる動画を意識して視聴している人はどのくらいいるのでしょうか。 Web動画の多くは30秒未満のショートバージョンですが、その制作には莫大なコストと膨大な時間が投じられています。 コストを通して、Web動画制作のリアルな現場を見ていきましょう。

Web動画ができるまで

ユーチューバーの出現によって、Webはもはや顔の見えない世界ではなくなりつつあります。 個人で日々大量の動画を配信するプロがいる一方で、会社組織というかたちで腰を据えてWeb動画制作にあたっているプロもいます。 個人と企業、それぞれの立場から見たWeb動画についてまとめました。

Web動画の展望を考える!

IT新時代はついに、Web動画というまったく新しいツールを生み出しました。 企業はすでに斬新なWebコンテンツを提案しており、エンタメ分野はもちろんのこと、教育や医療の分野での応用を推し進めています。 Web動画の希望と課題についてせまります。

Web動画制作にはいくらかかるのか

今や、スマホのアプリで誰もが手軽にオリジナル動画を撮影できる時代。
Web上で動画を配信して生計を立てる、いわゆるユーチューバーなる職業も一般的になりつつあります。
企業にとっても多くのプレビューが見込めるWeb動画は有力なPR手段であり、先見性のある企業はかなり早い段階からその可能性に着目し、プロフェッショナルに委託するかたちで専門のWeb動画制作にあたってきました。
現在は動画制作会社が専門的にWeb動画を制作し、ネットなどの媒体に配信しています。
動画の大半は受注生産であり、企業が持ち込んだ企画を制作会社が予算、コンセプト、納期などの観点から具体化し、ひとつの動画として形にしていきます。
個人でもWeb動画は手軽に制作できますが、企業のプロモーションとして制作会社がつくる動画はやはりクオリティの面では数段上であり、トップの制作会社は年間で数千万本という動画をネット上に送り出しています。
プレビューを多く稼ぐ動画の裏側には、緻密なコンセプトと正確なコスト計算があります。
「Webに流しておけばたくさんの人が見るだろう」という安易な考えではなく、Web動画の長所と短所をとことんまで考え抜き、なおかつ「どうしても伝えたいこと」をはっきりと言語化できる企業だけが安定したプレビューを獲得し、Web動画の勝者でありつづけられるのです。
企業のWeb動画制作の裏側を掘り下げるとともに、個人での動画制作の展望についてもまとめました。